リフォームの基礎知識

ホーム > リフォームの基礎知識 > 太陽光発電の経済性について

太陽光発電編

リフォームの基礎知識TOPに戻る
メニュー
  • 太陽光発電とは
  • 経済性について
  • 環境について
  • 太陽光発電Q&A
  • 設置の流れ

経済性について

経済的メリット

光熱費がグッと節約できます

売電:昼間、発電して余った電気を売る/買電:夜間、電力会社から電気を購入

一般的な家庭での年間消費電力量は約5,500kWh。これは、3.84kWシステムの設置で約7割まかなうことができます。

また、昼間発電して余った電気は売ることができ、発電できない夜間や雨の日のみ、従来どおり電力会社から電気を買えばいいので、光熱費がグッと節約できます。

一日の電気使用量と発電の流れ
ポイント
発電して、余った電気は売る。無駄のない経済的なシステム。
電気の買い取り価格は、ふだん私たちが電力会社に払っているのと、ほぼ同じ料金。電気の売り買いは自動的に行われるので、面倒なことは何もありません。
また、電力会社によっては、「時間帯別電灯契約」というプランがあり、昼間の余った電気を割高で売り、電気が必要な夜間に割安で利用することができます。太陽光発電はクリーンなだけでなく、我が家の家計も助けてくれる、お得なシステムなのです。
昼間発電した電力のうち、使わなかった電力は、自動的に売却します!※平成22年以後の買取価格は毎年毎の審議会で審議されます
相談・見積もり無料/お問い合わせ・ご相談・お見積りはこちらコープ住宅について組合員様の声