リフォームの基礎知識

ホーム > リフォームの基礎知識 > たたみ表替えの手順

たたみ編

リフォームの基礎知識TOPに戻る
メニュー
メニュー
  • 住まいのコープこだわりのたたみ
  • 畳の構造と種類
  • たたみ表ができるまで
  • たたみのリフォームのサイン
  • たたみ衣替えの手順
  • たたみQ&A

たたみ衣替えの手順

たたみ表がたたみになるには…

「い草」農家の方々に丹精込めて作っていただいた「たたみ表」は、「たたみ」という製品に加工し、組合員様にお届けします。表替えの場合、組合員様のお住まいのたたみをお預かりし、表を貼り替え、お届けします。

(1)組合員様からお預かり

組合員様のお住まいからお預かりした「たたみ」です。
さあ、「たたみ」が新しく変わる姿を見ていきましょう。

(2)「たたみ表」をはがす

正確な寸法を測り、たたみ専用の包丁で糸を切りながら
丁寧にはがしていきます。

(3)床の状態を確認・補修

「たたみ」の端がまっすぐか確認します。まっすぐでない場合は、薄い紙や「い草」・「ゴザ」でミリ単位の調整をします。

長年家具を置いていたりしてへこみがある場合は、このようにへこみの修正をします。これも仕上がりを美しくするための「こだわり」なのです。

(4)新しい「たたみ表」を貼る

床の確認と補修が終われば新しい「たたみ表」を貼り始めます。新しいたたみ表を広げながら職人さんの目で傷などないか、ここでもチェックです。チェックが終わると端から固定をし、真っすぐになるよう調整をしながら慎重に貼っていきます。

(5)たたみ表の縫い付け

両端を縫い付ける前に「たたみ表」の端を「ろう」で固定します。これをしておかないと、長年使っている間に隙間が出来てしまいます。固定が終わればいよいよ縫い始めます。職人さんが確認しながら機械で縫いつけます。

(6)しわ伸ばし

ゴザのしわがある時は専用の道具で「しわ伸ばし」を行います。場所や状態により回数や力加減が全て違うそうです。

(7)はみ出した部分をカット

両端を縫い終わればゴザのはみ出した部分を片方だけ切ります。このときにも、「い草」や中の糸を傷めず、仕上がりを考えながら作業をします。

一瞬で進む作業の中にも職人さんの技術がたくさん盛り込まれています。

(8)縁の縫い付け

「たたみ表」の縫い付けが終われば、次に縁を縫い付けていきます。「縁」と「下地の紙」を重ね合せ縫い付けます。

(9)完成

これで完成です。貼り替えた「たたみ」と貼り替える前の「たたみ」を並べてみました。

相談・見積もり無料/お問い合わせ・ご相談・お見積りはこちらコープ住宅について組合員様の声